帯などの着物用品は通販レンタルが人気です

成人式や卒業式などのシーズンは、羽織袴や振袖を着用する人をよく見かけます。そこで利用されている帯などを含めて、着物用品を通販で借りる人が増えており、それに伴って、着物を購入する人が減少していると言われています。
着物を購入する場合、帯や小物などを含めて、非常に高価になるケースが多く、クリーニング代などの維持コストも多額になる傾向にあります。また、着物は保管が難しいことで知られています。防虫剤などを準備して、丁寧にタンスに入れて保管する必要があり、いろいろな意味で着物は手間がかかります。
通販などで着物や小物をレンタルすることによって、さまざまな固定費や維持費を削減することができ、何よりも面倒な手間をなくすことができるメリットが知られるようになりました。

通販で着物や帯を借りる場合、着付けがポイント

宅配レンタルサービスで着物を借りられる業者が増えており、インターネットにつながっているスマートフォンがあれば、ホームページやウェブサイトなどで好きな商品を選び、自宅で受け取ることが可能になっています。
ただし、宅配レンタルサービスを利用する場合、自分で借りた着物を着る必要があります。着付けができない場合は、友人や知り合いなどに手伝ってもらう必要があります。最近は、実店舗を展開しているレンタルショップで、着物の着付けレッスンを実施しているところがあります。
着付けレッスンでやり方を覚え、その後、宅配レンタルサービスを利用するという方法もあります。宅配であれば、レンタルショップに足を運ぶ必要がないため、時間がない人にとってはありがたいサービスです。

流行や体格に合った着物を借りることが可能

振袖や羽織袴を購入してしまうと、着用するまでに時間が経過することがあります。その間に、流行が変わってしまったり、体格が変化することもあり、着用することができなくなるケースがあります。
宅配レンタルサービスやレンタルショップで着物を借りることによって、流行にそった商品を、自分の体格に合わせて選ぶことができるため、とても便利で効率的です。
最近は、住宅や自動車などを購入せずにシェアするシェアリング・エコノミーが拡大していると言われていますが、着物や小物などについてもシェアする人が急増しています。
また、一度レンタルで着物を着てみて、気に入ったものがあれば、格安に購入可能なリサイクル着物を提供しているレンタルショップもあり、さまざまなニーズに対応しています。